ペンタクラブ行事
記事・写真
No.109
文:辰巳さん
矢野(康)さん
写真:fuji
黒木さん
     Mリーグ 五番街b VS 牧の原TC戦 2014年10月26日 於:松戸南高校コート
      ペンタb、新戦力を加え、チーム力で初陣を飾る!
S-2
五番街Bチームは今年から新たに加わった堀岡選手が対戦した。第二ゲームお互いに手の内の探り合いから5回のデュ
ースを繰り返し堀岡選手がサービスキープし1−1。敵の動きや技など冷静にインプットし終わるや怒涛の寄り身。
途中お互いのナイスラリーも見られたが、後半は4ゲーム連取の勝利であった。安定したサービス、素早いレシーブな
ど6−3で納得の一勝であった。
S-1
ベテランの平沢選手が登場、ゲーム運びも心得ており相手の強力なサーブを良くリターンした。特に2ゲーム目は2回
のデュースまで粘ったが惜しくも失う。懸命な走りとプロ選手のイメージを想定しながらのサーブを繰り出したが力
及ばず、途中経過の段階でチームが3勝しその後は楽な気分で思い切りのプレーで対戦したが、残念ながら0−6で敗
退お疲れ様でした。(辰巳)
D-3 中村、吉田
2-2まで均衡したが、5から7ゲームを連取され、2-5の劣勢からベンチの黒木さんのアドバイス「打て〜」を実践。
5-5まで盛り返す。しかしながら追いついて安心したのか、少し受けに回ってしまい、残り2ゲームを取られ、善戦
むなしく破れました。特に5
ゲーム目の2度のアドバンテージを生かせなかったのが痛かった。結果は5-7でしたが、相手の男子組に引けを取ら
ない、堂々たる試合運び、丁寧なボール配玉には、次回も期待出来ます。
D-2 矢野、大島
柄にもなく初戦で上がったのか、初回から0ポイントで2ゲーム先取され、ヤキモキさせました。しかしながら、そこは
我がbチームを引っ張る女子軍団、作戦変更。ロブを深く打ち上げ、相手を撹乱。相手スマッシュを取るは取るは!ミス
を誘い、立て続けに3ゲーム奪取。3-3の同点にされるも、また3ゲームを取り6-3で勝利。ゲームの流れを見て、相手
を見て状況判断する冷静さが目立ちました。4個のジュースゲームを全てとる気持ちの強さも勝因。
D-1 矢野、黒木
1〜3ゲームまで危なげない試合運び。ところが4ゲーム目、手のサービスゲームで康の痛恨のミスジャッジ。0-30から
黒木さんのバックサイドへの見事なドロップ!相手が走りこんでラケットの先でようやく引っかけたフラフラと上がった
ボール。「スマッシュ!」と誰もが思った瞬間、満面に笑みを浮かべて、康は素手でキャッチ!本人はツーバンと思った
らしいが、とんだボーンヘッド。それを見ていた黒木さんも思わずのけぞったのは言うまでもありません。それが響き、
1ゲームは落としましたが、立て直し、5から6ゲームを取り、6-1で勝利しました.相手ペアのモーションや、打つコース
の決定等、さすが歴戦の猛者、黒木さんが引っ張った試合でした。
これで、今年のMリーグ初戦を勝利で飾れ、バーミアンでの祝勝会では、大いにもりあがりました。大いに反省せなアカ
ンボーンヘッド親父も、今日は大目に見てね!みんなの力を結集すれば、次戦も大丈夫!!(矢野)